今日も元気に問答御用

アラサーサラリーマンが「考え方を考えてみる」「考えたことを書き残す」ブログ。ツイッターアカウント @shiroimai

気力不足を認める日

ときどきこちらでも言及してしまっていますが、最近仕事が忙しめです。
具体的な生活について書くと「その程度で忙しいなんてwww」と起こられたり笑われたりしそうなので、ここでは書かないでおきます。

この週末は、仕事は全くしませんでした。
本当はした方がいいんだけどなぁ……と思いつつ、あきらめました。

時間は、あったんです。
ただ今日は、仕事も娯楽もせず、ぐったりと、無為に時間を過ごすことを、自分に許す日にする事にしました。

昨日は多少動きました。
起床したら1時間ほど走りましたし、髪を切ってきましたし、前から作りたかったメニューにも挑戦しました。
f:id:shiroimai:20160124223744j:plain
オーブントースター万歳。
ホワイトソース万歳。
マカロニグラタン万歳。
ホワイトソースから自作です。
マカロニは自作じゃないです。
おいしかったです。

そして、今日は引きこもりました。
遅くに起きて、洗濯と掃除、部屋の片づけをして、あとは積極的な娯楽もアニメを観るくらいで、それ以外は無為に時間を過ごしました。
キングオブ無為と考えているまとめサイト巡回なんかも、ちょっとだけ許しました。
(まとめサイト断ちは、ほどほどに続いています。
週末はちょっとまわったりもしますが、平日はほとんど見ていません)

最近感じるのが、気力も、有限のリソースであるということです。
平日に神経をすり減らしながら仕事をしていると、週末に時間があるからといって「元気に遊ぶ」元気がないことがあります。

体力がないと、「休憩する」ことの大儀名分が立つ感じもするのですが、「気力がない」から休むというのは、なんだかさぼっているだけのような、後ろめたい感覚があります。
しかし、体力と時間があるときになにもしないのは、「怠慢」で「時間の無駄」なのか、というと、そうではない。
気力だって、きちんと回復しておかなければならないものです。

気力の回復は体力の回復よりわかりにくいので、自分を律する気持ちがないと、本当の「怠慢」に突入してしまうのが、難しいところです。
ですがある程度は、「無為な時間」を過ごすことによる「気力の回復」も、自分に認めようと割り切って、今日はもう寝ることにします。
(今井士郎)

広告を非表示にする