今日も元気に問答御用

アラサーサラリーマンが「考え方を考えてみる」「考えたことを書き残す」ブログ。ツイッターアカウント @shiroimai

睡眠時間を代償にするブログ生活からの脱却を目指して

私の「夜型」ブログ執筆スタイル

いつも私は、ブログ記事を夜に書いています。 食事を終え、あとは寝るだけとなった深夜に、シコシコとpomeraを叩くわけです。

本当は、日付が変わる前に就寝したいのですが、pomeraを開くのに日付が変わってるケースが多いですね。24時や25時くらいから、1~2時間かけてブログ記事を執筆・投稿する、と。

しかしこのスタイル、リスクや副作用もあります。

夜型執筆のデメリット

夜型のデメリットとは、要するに睡眠時間を確保する上でのデメリットです。

本当は就寝したいはずの時刻から、数時間かけて執筆作業をすれば、その分睡眠時間は削れます。 ブログを投稿して、はてブやスターがつかないかなと結果を気にしてしまうと*1、落ち着きがなくなって、さらに睡眠の時間・質が落ちます。

睡眠時間が削れると、翌日の本業中に眠くて、やる気やパフォーマンスが削がれます。

趣味兼月収500円のブログのために、サラリーマンとしてのパフォーマンスが落ちるのは、ちょっとよろしくありません。

ぐうたらサラリーマンは朝方の執筆スタイルができるか

だったら、ということで、「朝型」の執筆を試そうとしたのが、今日のこと。 夜に書こうとすると、「ブログを書く予定なので、まだ寝ない」と、スマホをいじりながらのんびりしてしまう時間が生まれます。 この手の「まだ、用事があるから就寝しない(今は、用事を片付けてるわけじゃないけど)」っていうことが、私にはよく起きます。

なので昨日は、夕食後の用事は全て無視して、就寝しました。

出勤するギリギリまでには、10時間眠れます。 8時間で目が覚めれば、家事とブログに2時間使えます。 9時間で目が覚めれば、ブログだけかな、1時間使えます。

はたして今朝、私は10時間の睡眠時間確保に成功したのでした。 ……あっれえ!?

試行結果の考察

朝、ブログは書けませんでした*2。しかし、睡眠時間の確保は、健康維持に喜ばしいことです。 健康維持できるだけの睡眠時間と、毎日のブログ更新、どちらかを選べとなったら、睡眠時間をとるべきですよね。

10時間も眠れてしまった*3ということは、普段から睡眠が足りてなかったということでしょう。 ……これが、「睡眠負債」……。

なので、ここから今月いっぱい、「睡眠時間重視 + 朝型ブログ更新」が実行できるか、試してみようと思います。

  • 出勤前日は、「10時間睡眠しても間に合う」時刻に就寝する。
  • そこから、寝たいだけ寝る。*4
  • 早く目が覚めたら、ブログを書いても家事をしても良い。

もう、「寝たいだけ寝る」まで実行できれば、あとはブログが書けなかろうが家事ができなかろうが、大勝利と言って問題ありません。 今月の目標としていた「10記事更新」は、優先度を下げます。達成にはこの記事のあと、さらに6記事必要ですが。

私は、充分な睡眠で活力にあふれた生活を手に入れられるのか。

例によって成功したら、別記事でご報告します。 (今井士郎)

まんがでわかる! 元気が出る睡眠

まんがでわかる! 元気が出る睡眠

*1:ほぼ、付きません。

*2:これは、出勤後の移動時間に書いています

*3:一回だけ、トイレに起きました。でも、その後もストンと眠れました。まだ眠いです。

*4:10時間をタイムリミットとする