今日も元気に問答御用

アラサーサラリーマンが「考え方を考えてみる」「考えたことを書き残す」ブログ。ツイッターアカウント @shiroimai

ガルパン最終章第一話、ついに公開! ネタバレなし感想

アレを、観てきました

2017年12月9日。
さて、今日は何の日でしょう?

そう、ガールズアンドパンツァー最終章 第一話の劇場公開の日です!!

公式サイトはこちら

ガルパンには、劇場版をきっかけにハマり、熱い視線を送ってきました。

今日は、最終章第一話を観た劇場から出てきた50m先で、感想記事を書いています。

今回は、未見の方向けのネタバレなし感想です。

ただし、いつも言っていることですが、どうせ観る事が決まっている人は、感想なんて読んでないで、情報ゼロで観に行きましょう!!
その方が、映画は絶対面白いですって。

前情報がないせいで、見落とした内容があったって大丈夫ですよ。
どうせ、何回も観に行くんでしょう?*1

ガルパン最終章第一話 感想

観に行くべきですか?

この作品、どう考えても、世間の全ての映画ファンが楽しめる作品ではありません。
入場料1,200円とはいえ、実質が45分しかありませんし、相変わらず展開にはツッコミどころが多いですし。

しかし、これまでの作品を気に入っているガルパンおじさん達であれば、問題ありません。

観に行きましょう。面白いから。

なぜ、観に行くべきですか?

ガルパンの魅力の柱は、だと思っています。
美少女とか格好いい戦車とか、そういうのは前提であって、もう音を楽しむ器くらいではないかと感じています。

砲撃音、着弾音、キャタピラ音。
リアルな戦車映画だったら、「登場人物が死ぬか、生きるか」という雑念(!?)が入り、無邪気に「いい音~」とか言ってられません。

  • 誰も死なない

  • 美少女ばっかり

というのは、音を無心で楽しむための好条件なのです。そして最高の音響は、映画館でないと味わえません。

そして、立川や川崎の各映画館では、特に音響にこだわった上映が行われています。

これらの映画館でも、料金は変わりません
アクセス圏内にこれらの映画館がある方々は、その幸運を最大限活用すべきです。

かく言う私も、川崎チネチッタLIVE ZOUND(ライブザウンド)で観て来ました。

f:id:shiroimai:20171209220415j:plain

f:id:shiroimai:20171209220459j:plain

えーと、音、いいです。最高です。

オープニングで、なぜか泣きました。

チネチッタで、「LIVE ZOUND(ライブザウンド)」と「LIVEサウンド」が別々にあって、紛らわしいです。 確か、より気合いの入った音響は「LIVE ZOUND」だったはず。確認の上でご覧ください。

既存キャラは?

ガルパンと言えば、キャラクターの多さも大きな特徴です。
大洗女子のメンバーが、確か32人。
劇場版では、各校の隊長格その他主要メンバーも増えました。

そんな彼女たちは、みんな登場するのか。

登場します!!
劇場版で大洗女子短期転校チームに参加したキャラは、みんな姿を見せてくれます。

総統(ドゥーチェ)も出るよ!

大学選抜チームは、残念ながら、一部しか登場しなかったようです。

新規要素は?

ネタバレになるので、記載は最小限にしますが、

  • 新キャラ:何人も出ます。かわいいです。

  • 新戦車:出ます。デカいです。活躍します。

終わりに

チネチッタで映画を観た後は、周辺の各店舗で半券サービスを受けられるのも嬉しいですね。
今回の記事は、映画館隣の『方舟(はこぶね)』さんで、無料の日本酒を堪能しながらお送りしました。

f:id:shiroimai:20171209220726j:plain

映画の半券で、日本酒が一杯、無料でいただけます。

結論:ガルパンおじさんは、最終章、映画館で観ましょう!!

後悔はしませんから!
(今井士郎)

*1:偏見です。一部のガルパンおじさんは、何回映画館に通ったかを誇る習性があります。