今日も元気に問答御用

アラサーサラリーマンが「考え方を考えてみる」「考えたことを書き残す」ブログ。ツイッターアカウント @shiroimai

オーバーロード2 予言が2日で覆された日

目次

オーバーロード2 ざっくりと感想

2018年冬アニメに、オーバーロード2』がありました。

私はアニメ一期を非常に楽しく観ていましたから、アニメ化の報には喜びました。そのために、原作も3巻まで(1期アニメ化範囲)しか読まずに我慢していました。

shiroimai.hatenablog.com

2期のアニメ化範囲は、4巻のリザードマン戦から6巻のヤルダバオト戦までの計3巻の範囲でした。
面白かったけど、1期の方が好きでしたね。
内容もそうでしたし、なにせOPが。

アニメ『オーバーロード』のOPは、1期も2期も、同じOxT(オクト)が担当していましたけど、1期の『Clattanoia』(クラタノイア)の方が、2期の『GO CRY GO』より断然好きでした。

TVアニメ「 オーバーロードII 」オープニングテーマ「GO CRY GO」【通常盤】

TVアニメ「 オーバーロードII 」オープニングテーマ「GO CRY GO」【通常盤】

Clattanoiaの方が、お祭り騒ぎ感というか、……非常に「アガる」曲だったように思います。

あとは、2期だと、OPに登場する面々が、ナザリック陣営以外はみんなやられ役なのだろうなという1期の予備知識があったので、「ドヤ顔でのし歩いているキャラたちが、みんな哀れに見えた」という**こちら側の都合もあったかもしれません。

あ、キャラデザインで言うと、ラキュースがやけに気に入りました。
中二病キャラを除いても、なんか「美人さんだなぁ」と。

原作を読んだ、私の予言

で、アニメ2期の終盤、アルベドの「くだらない」発言を見て、「!?」となった私は、Kindleのセールの機会にで購入していた原作小説本を、一気に読破してしまったのです。

そして、私は1つの確信を得ました。 そして、原作7巻のAmazonレビューに、こんなタイトルの感想を投稿しました。

『アニメ3期は、ねーな、と感じる題材』

(「今井士郎」の名前で、レビューを投稿しています)

なぜ、そんな予言をしたのか

だって、7巻の内容が、一般受けする内容とは思えなかったんですもの。 6巻までは「悪漢を殺す」か「好漢を殺したら生き返らせる」を貫いてきたアインズ様が、「好漢を殺す」に大きく舵を切った内容でした。

好きな層が一定数いるのは間違いありませんが、「普通の勧善懲悪」が好きな層より、絶対減りますもの。

1巻・2巻あたりは「あー! 面白かった!」という読後感でしたが、7巻は「あー……。うん。……面白いっちゃ面白いよ……? でも、やられたキャラたちが哀れでねぇ……」という読後感でした。

そして、「7巻は読者を選ぶ=そこまで売れるとは思えない」「3期のあるアニメは非常に希である」というデータから、オーバーロードのアニメ3期はない」という結論に到達し、予言までしたのです。

「アニメ3期は、ねーな」

と。

「3期があったら、カルボナーラ食べてやるよ!

と。

f:id:shiroimai:20180416223004j:plain

大長編ドラえもん (Vol.1) のび太の恐竜 (てんとう虫コミックス)

大長編ドラえもん (Vol.1) のび太の恐竜 (てんとう虫コミックス)

予言の結末

私がそんな予言をした翌々日に、アニメ2期最終話が放送されました。

そして、ラストに燦然と躍る「3期制作決定」の文字。

……人間、できない約束はするもんじゃないな……。

f:id:shiroimai:20180416223027j:plain

「『鼻から』スパゲティ食べてやる」とか言わなくて、本当に良かった。

f:id:shiroimai:20180416223111j:plain
おいしかったです。

レビューには「サイゼリヤで」カルボナーラ食べてきますと書きましたが、実際は「ジョナサン」であったことをお詫びして訂正し、こちらの記事を終わらせていただきます。
(今井士郎)

オーバーロード(1) (角川コミックス・エース)

オーバーロード(1) (角川コミックス・エース)