今日も元気に問答御用

アラサーサラリーマンが「考え方を考えてみる」「考えたことを書き残す」ブログ。ツイッターアカウント @shiroimai

コナミスポーツの「V-BODY」体験だけでやめてきた話

V-BODYを体験してきた

スポーツジム、コナミスポーツクラブの『V-BODY』を体験してきました。

個人的には、非常に残念な結果になりましたので、その様子を記事にしたいと思います。自分としても、自分の判断を整理し、納得したいので。 感想、クチコミの一つとして、共有したいと思います。

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

V-BODYとは

『V-BODY』というのは、コナミスポーツクラブが提供する、ボディメイキングプログラムです。

詳細はこちら。

ざっくり言うと、こんな感じです。

  • 1回30分、インストラクターさんによるマンツーマントレーニングを受けられる
  • 内容は、フリーウェイト*1を使用したり、マシンを利用したりと、利用者のレベル・希望に応じて変更する
  • 頻度は「週1回、1ヶ月(4回)」か、「週2回、1ヶ月(8回)」
  • 1ヶ月分を終了したら、次の1ヶ月継続してもいいし、やめてもいい。どちらかというと継続を推奨
  • 週1コースは、税抜き2万円。週2コースは、税抜き3万円

結果

私は、元々コナミスポーツの都度会員*2です。

一旦、V-BODY週1コースの契約をしようと決めていたのですが、結局は契約を見送って帰ってきました

トレーニング自体の内容

トレーニング自体は、正直満足だったんですよ。

今回は、キャンペーン価格の体験費用500円(税抜き)で、フォームの指導をきっちり受けながら、6種目をこなしました。

トレーナーさんは、こちらのニーズをきちんと聞いて、それをトレーニングに反映してくれました。述べたニーズ・現状は、こんな感じ。

  • 体をかっこよくする目的であり、スポーツ上の目標があるわけではない
  • 学生時代から社会人時代まで、「運動経験」は長いが、「競技レベル」*3であったことはない
  • どちらかと言うと、筋力はない方だと思う
  • この1~2ヶ月は、まとまった運動ができていない
  • 故障は怖いので、軽めなら軽めからスタートしてほしい

ふむふむ、と聞いてもらい、やらせてもらったメニューは「効いている感じもするし、故障の危機は感じない」良いバランスの物だったと感じています。

また、トレーナーさんにはほどよくおだててくれました。

おだてて、トレーニーを良い気持ちにするって、見ようによっては欺いているようにも見えます。でも、素人を頑張らせるためには大事だと思うのです。

ウェイトトレーニングマシンを使ったことはあったのですが、フォームが、まるでなっていなかったということが、よく分かりました。

後述の出来事があっても、1レッスンの料金が3,000円だったら、契約していたんじゃないかなと思います。

契約をやめた理由:コナミスポーツの「信頼できない感」

トレーナーさんと別れた時の私は、上機嫌でした。

このトレーニングを続ければ、効果はありそうだ。金額は高いが、この程度の出費は許容範囲だろう。しばらくお世話になって、フォームが整ったら、自力トレーニングへの切り替えを考えよう。

この夏は、良い体で水着を着よう。*4

今井「お願いする方向で考えてます。細かいルールなんかを受付で聞いてから」

トレーナー「ありがとうございます。じゃあ、受付には話を通しておきます」

割と意気揚々と着替えを済ませ、受付に行ったんですよ。

暗雲その2

受付で私は、ロッカーキーを返しつつ、こう言いました。

今井「V-BODYの体験、終わったんですけど」

帰ってきた返事は

受付「あ、そうですか」

……うーん?

このまま帰ろうかなと思いました。

話、通ってないじゃん。

今井「あ、いや、結構良かったんで、お話を聞いてから、契約を検討したいと。お願いできますか?」

受付「はい、では、そちらでお待ちください」

なんか、連携が悪いな、と感じました。

暗雲その1

実は、似たようなことが、入館の時にもあったんですよね。

入館して会員証を出すと、「○○円<都度会員としての料金。2,000円くらい>お支払いください」と言われました。

今井「今日は、V-BODY体験の予約をしてきてます。そっちも有料なはずなんですが、支払いは別ですか?」

受付「ああ、でしたら1,080円お支払いください。」

「でしたら」じゃねーよ。予約したことはデータ化されてないのでしょうか。

今井「入場料と体験料金、どっちも払うってことですか?」

受付「いえ、今日は体験のみなのであれば、入場料は結構です」

あ、思ったより安く済む。ラッキー。

とはいえ。

今井「先日、店頭で今日の体験を予約したとき、『本日(予約した当日)の予約までは、半額の540円で体験できるキャンペーン中です』と説明を受けてます。1,080円は間違いではないですか?」

受付「キャンペーンは終了していますので、通常料金となります」

今井「私は540円と説明を受けた理解でしたが、それは間違い*5だったんですね?」

受付の店員さんは、数人で相談。

受付「では、540円お支払いください」

「では」じゃねーよ。

なんで、その値段になったのか、教えてくださいよ。

「間違って、通常料金を請求してしまいました、ごめんなさい」なのか、

「当日の説明が間違っていました、ごめんなさい」なのか、

「説明ミスか、今井の聞き間違いなので、半額で手打ちにしよう」なのか。

誤請求があったというスタンスを採用するなら、まずは謝るべきでしょう

それとも私は、「面倒なクレーマーだから、これでスルーしとこう」という扱いを受けたのでしょうか?

どちらにしても、割と腹立たしい。

ただ、当初想定していた入場料が要らなかったことと、トレーニング自体は満足だったので、体験直後は、苛立ちもすっかり忘れていました。

暗雲その3

そして、いざ契約をするか、というタイミングでも、不手際がいろいろありました。

「あちらでお待ちください」と言われたソファで、私は少し待ちました。それは全く問題ありません。客は順番に処理されるのでしょうし、待ち時間も大したことはありませんでしたから。

店員さんに呼ばれて、カウンターに通されてからの流れが、不満でした。 今井「今日は、体験ってことで、他の施設利用をしないなら、V-BODY料金だけだったんですけど、申し込んだ後もそうなんですか?」

店員「? お客様、現在のご契約はどのようになっているでしょうか」

会員証で情報をリンクさせておけという気もしましたが、ここは別に問題ありません。

今井「都度会員です」

店員「……??」

今井「……??」

「少々お待ちください」という呼びかけがあったか、なかったか。

店員さん、私をほったらかして、他の人に質問しに行ってしまいました。

え? 都度会員って、そこまで珍しいのか?

待たされること5分。

店員「通常のV-BODYを利用の場合は、入館料も別途かかります。お客様は、月4回のコースをご希望ということですので、月4回の定額コースはいかがでしょうか」

今井「それ、どのくらい安くなります? 今、1回あたり○○円なんですけど。」

店員「お値段は……少し高くなりますね」

今井「ア、ソウデスカ。何か、メリットあったりするんですか?」

店員「プロテインが毎月2食分つきます」

……500円分くらいかな?

今井「いいです。月4回にしちゃうと、都度会員に戻すのもタイミングの縛り*6があったりしますし」

店員「月1回までは、翌月に繰り越しもできます」

今井「それは、都度会員と比べた際のメリットではないですね」

店員「あ……」

今井「都度会員のままでいいです」

店員「はい、分かりました。」

と言って、店員さんは席を立ちました。 あれれー……?

また、ほったらかし?

私の「番」が来たから、私はカウンターに来ているのでは??

何であの店員さん、ちょいちょい他の人の対応も挟んでいるんだ……?

店員「では、V-BODYをご契約とのことですので、こちらの申込書にお名前を記入してください

戻ってきていきなりこの話を始めた店員さんに、イラッ! としたのが、自分でもよく分かりました。

今井「あの、『契約する方向で考えたいから、詳細を確認したい』って言いましたよね? なんでいきなり申し込み書、書かされるんですか?」

私に対応していたのは、若い女性の店員さんでした。おっさんに責められるのは怖いだろうなと、少しの罪悪感は感じつつも、苛立ちをにじませた語気で抗議しました。

そして、店員さんは三度、いなくなりました。

捨て置かれる私。

机に置かれたV-BODYのチラシを見る私。

体験会の内容が、「体のデータを隅々まで計測」「30分のトレーニング」とか書かれていました。

「体のデータを計測」という文言、やっぱりあったよなぁ。

どんな機材を使うんだろうと、ちょっと楽しみにしていたんですが、トレーニング前に計測はなく、トレーニング後にも計測はなく、「あれ? 記憶違いかな?」と思っていました。

きっと。きっと。この後、話ができる人が来る。

そうしたら、聞いてみよう。

さらに5分ほど、放っておかれました。

その間、私の前を何度も、別のスタッフが、「こんにちは~」とにこやかに歩いて行きました。

待ち時間の葛藤

イライラを募らせながら、私は考えました。

これ、本当に契約して良いのか? 後悔しないか?

一回契約しちゃったら、よほどの理由がないと、お金は返ってこないぞ?

レッスンは、入場料とあわせて「30分で、1回7,000円」だぞ?

でも、トレーニングは悪くなかったし。多少割高でも。

「悪くなかった」内容は、契約しても維持されるのか?

「たまたま」気に入る相手だった可能性はないか?

今日の流れを見てみろ。

担当者が変わるごとに、これまで話してたことが「なし」になったんだぞ?

この相手と、2万円先払いの契約をして、本当に後悔しないか?

……帰ろう。

そして、決裂

私は荷物をまとめて、席を立ちました。

店員さんが戻ってきたら、お断りして帰ろう。

「今の俺、クレーマー?」という部分でも葛藤はありましたが……。

しばらくして、店員さんと、インストラクターのユニフォームを付けた男性がやってきました。インストラクターさんは私にコースの説明をしようとしましたが、私は契約を見送る旨を伝えました。

理由を聞かれて答えましたが、こんな風に自分の考えを整理できてはいなかったので、伝わったのは不満の3割以下だったでしょう。

あちらも、一応謝っていましたが、腑に落ちない表情にも見えました。

伝わってない。私の不満は伝わってない。だから、これ以上は謝ってもらえないし、再発防止だって、きっとされない。

気分的には、もっと感情的に怒鳴りちらし、クレーマーをしたかったのですが、そこまでしていい筋合いはありません。

私はイライラを抱えながら、店員は半ば、頭上に「?」を浮かべながら、交渉は決裂したのでした。

帰り道、「このイライラは、整理して、吐き出してやらねば健康に悪い」「他の各種ネタを差し置いて、記事にしてやる、ブログにしてやる」と決意したのでした。

そのあと、考えたこと

歩きながら、私は「正しいこと」をしたのか考えていました。契約の可能性を提示しながら、ああいう形で交渉のテーブルを蹴るのは、アリだったのかなと。

結論として、「正しいこと」、特段、世のためになる行動ではなかったでしょうね。でも、「許されること」ではあった、と考えています。

検討していた契約を中止する場合、その理由は「相手が信用できない」でも充分だなと。「前向き」からの「心変わり」に合理的説明はできなくても、あの状況なら「こちらは契約する気が失せた。まだ契約はしていない。話はこれでおしまいだ」で良いのです。

まとめ

  • V-BODYは、効果は期待できそう。多少、トレーニングに奮発できるなら、選択肢にして良いと思う
  • コナミスポーツクラブ某店の対応は、大いに不満。某店以外の対応や、インストラクターの対応も質は保証できないので、要注意。

(今井士郎)

やっぱり、自宅トレが最強ですか~?

プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

*1:ダンベルやバーベル

*2:定額の月額料金はかからず、利用の度に料金を支払う会員。1年間使わなければ、その1年は料金ゼロ

*3:私の中では、県大会に出場するとか、そんなレベルのイメージ

*4:体作りには3ヶ月かかると言います。……間に合わなくね?

*5:店員の間違い、とも、私の間違い、とも表現していません。はっきりさせるのは無理そうでしたし

*6:解約希望の際は、前月の月の10日までに解約が必要。たとえば7月11日になってしまうと、翌月8月分の解約はできない