今日も元気に問答御用

アラサーサラリーマンが「考え方を考えてみる」「考えたことを書き残す」ブログ。ツイッターアカウント @shiroimai

2019年を、少しでもポジティブに生きるために

今週のお題「2019年の抱負」

あけましておめでとうございます。
2019年一発目の更新です。

今回は、おおっぴらには言いにくい、今年の抱負を宣言しておこうと思います。

「200記事突破」とか、「ブログ収入をもうちょっと上げたい」とか、「ブログ以外でこの資格を」とか、考えないこともないんですが、もっと草の根的な話で、生活を改善したいと思います。

私の思考の悪いクセ

学生時代の後半くらいから「死にたい」とか、「(自分に対して)死ね」とかが、精神的な口癖になっています。気分が沈んでいるとき、脳内ではいくらでも繰り返しますし、一人だと口に出すことも多いです。割と元気なときも、口をついて出てきたりします。

「実際に、死ぬことを願っている訳ではないんだろう?」と言われれば、私の場合はその通りで、「苦痛とか不安とか不満とか、そういうものを断ち切りたい」という想いが、「死にたい」という表現になってしまっています。
幸い、具体的な行動に移したことはないですけどね。

つまり、こういう流れな訳です。

  1. 現実がある
  2. 理想とのギャップがある
  3. 苦痛や不満がある
  4. 苦痛や不満と向き合うのをやめたい
  5. 「死にたい」という思い
  6. 「死にたい」という発話

はい。「5.」がおかしい。そこで脱線しているよ。

「死にたい」という発話、自分に対して慰めになるかというと、そんなことありません。チクチクチクチク、精神にダメージが入っています。

なので今年は、「3.」の段階で、上記のルートを外れるようにしたいと思います。

クセの改善目標

現実と理想のギャップから、苦痛や不満を感じたら、一足飛びに「死にたい」という表現にしないで、「どんな苦痛や不満か」を表現(脳内であっても)する方向を目指したいと思います。

苦痛や不満をなんとかしたいと抱える「願望」は、おおっぴらに言えるものばかりじゃないと思うんですよ。

仕事でトラブルを起こした→仕事ができるようになりたい

だったら、前向きで素晴らしい願望だし、表明しても問題ありません。
しかし、

仕事でトラブルを起こして怒られた→怒った先方をぶん殴りたい。危害を加えたい

という願望だと、逆恨みな事もあるでしょうし、社会的に「正しい」願望ではありません。
でもまぁ、脳内や独り言だったら、「死にたい」と繰り返すより遙かにマシかなと。

もう、「金が欲しい」「モテたい」「ヤりたい」「嫌いなあいつを○したい」みたいな、他人相手にはおおっぴらにできない願望についても、脳内ではガンガン解禁して垂れ流して、とにかく「死にたい」を回避する事で、少しでも健康なメンタルを目指すつもりです。

自分の願望に向き合えば、願望実現のために頭を働かせることも、できるかもしれませんしね。
なにせ、「死にたい」という言葉でわざわざ自分を攻撃して、回復に精神力が必要になってしまうのは、無駄でしかありません。
「大量のマイナス」が「ゼロ」になるとしたら、実質大儲けです。

つまり、先ほどの流れを、このような素直な流れに改善したい。

  1. 現実がある
  2. 理想とのギャップがある
  3. 苦痛や不満がある
  4. 苦痛や不満をそのまま、脳内や独り言で表明する ←改善!

こちらについては、うまくいこうといかなかろうと、報告の予定はありません。
来年もブログを続けていたら、「とりあえず2019年も生き延びたらしいな」と思ってください。

……結婚したいなぁ。(実践)
(今井士郎)

「願いごと手帖」のつくり方 書くだけで運と幸せが集まる (PHP文庫)

「願いごと手帖」のつくり方 書くだけで運と幸せが集まる (PHP文庫)