読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も元気に問答御用

アラサーサラリーマンが「考え方を考えてみる」「考えたことを書き残す」ブログ。ツイッターアカウント @shiroimai

芝村作品三連打 第5回/全6回 『宇宙人相場』(未読者用)

半額で買った芝村裕吏氏の小説を紹介しまくろうというこの連載も、ついに終わりが見えてきました。
『三連打』の最終作品『宇宙人相場』、今回は未読者用、ネタバレ回避版です。

宇宙人相場

宇宙人相場

あらすじ

高野信念(たかのしんねん)はオタクである。
35歳のオタクである。
オタクが高じて、声優のマネージャーを経てグッズ販売企業の社長になってしまうほどのオタクである。
しかし、そろそろ結婚はしたい。
現実の女と話す度胸はない。
さて、どうしようか。

ある夜、そんな信念の前に、美女が現れた。
そして、意識を失った。
美女を病院に担ぎ込む信念。

翌晩、美女がお礼を言いにきた。
そして、意識を失った。
信念が。
寝ずに美女の付き添いをして、そのまま仕事だったせいで。
信念が目を覚ました。
そして、意識を失った。
美女が。

……これ、内容を確認しながら書いています。
本当にこういう流れです。

翌晩、美女がお礼を言いにきた。
そして、信念は家に彼女を連れ込んだ。
自分は会社に戻って寝たけれど。
翌朝、美女を家に送る車の中で、初めてのキスをした

???

美女の父は、彼女の医療費を最小限の時間で稼ぐため、トレーダーをしていた。
信念は、美女の父に弟子入りすることになった。
相場師 信念の戦いが始まる!

総評

星五つ満点で、星二つ
エピソードとして面白かったのが、株取引の描写だけです。
あとは、語り口で読ませていただけと感じました。
恋愛が一応(特に、主人公の動機付けの面で)主軸となるはずなんですが、そこにひとかけらも説得力を感じません。

「宇宙人」も、なんだかお話にとけ込んでいなくて、物語を面白くする要素として機能していたのか、本気で疑問です。
読み進めている時はもっと楽しかったのですが、読後の感想というと、辛口にならざるを得ません、という出来ですね。

こんな人にオススメ

  • 1秒、1円を争って戦うデイトレーダー(本書内の説明によると、『スカルピング』と呼ぶそうです。)の戦いの一端を覗きたい人
  • ヒロインなんて、異常なまでに惚れっぽくて主人公を好きになればいいんだよ! と割り切れる人

……正直、あんまりオススメできるとは言えない作品でした。
困るなぁ、ウチのアフィから買ってくれる人が現れないじゃないですか
そして次回は、ネタバレ解禁で好きなように語って、連載をフィナーレとしたいと思います。
(今井士郎)

連載予告記事(各記事へのリンクあり)

前回記事(第四回)

次回記事(最終第六回)

初心者ほど儲かる!図解版 株をGAMEにする3つの仕組み

初心者ほど儲かる!図解版 株をGAMEにする3つの仕組み

初心者の株本としては、これに説得力を感じましたね。
実際、内容に添うような銘柄を見つけるまでのスクリーニングが難題なのですが。
(実践の結果、儲かったとは言ってない)