今日も元気に問答御用

アラサーサラリーマンが「考え方を考えてみる」「考えたことを書き残す」ブログ。ツイッターアカウント @shiroimai

AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナルを取得したので、学習法を公開する

『夏休みの宿題』は、資格取得でした

東京オリンピックで盛り上がる8月上旬。私は一週間の夏休みを迎えていました。

コロナ感染者数がとんでもないことになっている中、帰省することも一人飲みもできず、余暇らしい過ごし方はできなかったのですが、暇ではありませんでした。
夏休み最終日に、AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナルの試験を予約していたからです。

結果は、無事合格。

今回は、私が使った参考書と、学習方法を書いておこうと思います。

続きを読む

ロボット掃除機導入でQOLが跳ね上がったので自慢させて欲しい

ロボット掃除機を買いました

7月中旬、ロボット掃除機を買いました。
ルンバでおなじみアイロボット社の『ブラーバジェット』です。

ゴミをかき集めて吸い取るタイプのロボット掃除機と違い、拭き掃除をしてくれるタイプのロボット掃除機です。

続きを読む

『竜とそばかすの姫』に思いつく限りツッコむ

『竜とそばかすの姫』を見ました

先週末の話になりますが、『竜とそばかすの姫』を観てきました。

「竜とそばかすの姫」オリジナル・サウンドトラック

感想は

  • 歌唱は凄かった。音楽に敏感でない私が、各シーンで感心するくらいだから、とても良かったのでは?
  • 他は大体ダメだった。基本的には脚本がダメだった
  • 電脳空間のビジュアル面を評価する声もあるけれど、美女と野獣のオマージュが露骨すぎるし、『サマーウォーズ』のような楽しさを感じることもできなかった
  • 結果的に、脚本のダメさを感じていない歌唱シーンであるオープニングシーンが一番楽しいシーンだった

という感じです。

そんなわけで、今回は、『竜とそばかすの姫』の脚本に、思う存分ツッコむ記事です。
必ずしも有意義な批評*1を目指すものではなく、「そこは気にするところじゃないだろう」となるような点にも、遠慮なくツッコむ記事にします。

なので、「それは、作品が Not for you なだけだろう」という意見は受け付けません。
そんなことを言いたい人に、この記事は Not for you です。
一週間前の印象を元に書いており、記憶違いはあるかもしれないので、そういったご指摘は受け付けます。

また、記事の性格上ネタバレを多数含む内容となっていますので、ご了承ください。

*1:「良い作品であるためには、この欠点を直すべきだ」という指摘。『ドラゴンボール』に「死人が生き返るのはおかしい」なんてツッコんでも、「ドラゴンボールの魅力はそこじゃないだろう」となりますから、有意義な批評ではないですよね。

続きを読む

『劇場版 少女☆歌劇レヴュースタァライト』やっぱりテレビシリーズ観てからじゃないと魅力は分からないよ

  • 2回目は、満喫しました
  • 映画版単体、何が不満だったのか
    • あらゆる描写の「価値」が分からなかった
    • 「オーディション」が何をもたらす物か分からない
    • 「オーディション」空間で起きていることが分からない
    • 人間関係が分からない
  • 2回目、観ておいてよかった

2回目は、満喫しました

『劇場版 少女☆歌劇レヴュースタァライト』の二度目を観てきました。

f:id:shiroimai:20210723161506j:plain

テレビシリーズは存在を知っていたものの観ておらず、「テレビ版未視聴でも観るべき!!」と強く勧めるツイートをいくつも目にしたため、6月に物は試しと観に行ったのですが……。

はい、「ぽかーん」でした。

一つ一つの構図が綺麗だとは感じても、「物語」としての楽しさがどこにあるのかが、全然分からない。
「テレビ版未視聴でも楽しい」と言っている人は、映画の魅力として「画像としての美しさ」「音楽の美しさ」を重視して、「物語としての魅力」を相当に軽視している人だったのだと思います。

その後、Youtubeでの全話無料公開*1でテレビシリーズを全話見ることができました。

そちらは素直に楽しめたので、先ほど映画館に再突入。
やっと、ファンの方々が言っている魅力を摂取することができました。

映画だけを初めて観たときと、テレビシリーズを見てから映画を観直したとき、なにが違ったのかな、という考えをまとめてみます。

*1:2021年7月22日まで。すでに終了済み。

続きを読む

『あなたのことならなんでも知ってる私が彼女になるべきだよね』ネタバレなし感想

『あなたのことならなんでも知ってる私が彼女になるべきだよね』を読みました

長いタイトルですね。
藍月要作『あなたのことならなんでも知ってる私が彼女になるべきだよね』を読みました。

以前に紹介した『俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する』作者による最新作です。

shiroimai.hatenablog.com

過去作『俺たちは~~』は、上記記事で絶賛する程度には面白かったので、今作『あなたのことなら~~』も気になってはいたのですが、なかなか読書の時間もブログ執筆の時間も取れない生活が続いており。
しかし、作者さんのツイートを見て、慌てて購入しました。

かなり好評らしい。
過去作が大好きな私に合う確率も、非常に高い。
ということでまずは、読めなくても売り上げに貢献して続刊の可能性を押し上げるべし。

そして購入から半月後、ようやく読むことができました。
とても、良かった。

続きを読む

一番有益な『鬼滅の刃』ごっこは、瞑想による「全集中ごっこ」ではなかろうか

GW 骨しゃぶり氏による瞑想押し

GW前後、はてなブロガー「骨しゃぶり」氏による瞑想のススメ記事が発表され、例によって多数の反響を受けていました。

瞑想をしたことはあったのですが、これを機に再挑戦してみようかなと、紹介されている書籍『サーチ・インサイド・ユアセルフ~仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』を購入し、読み始めています。

続きを読む

ネットで議論を始める前に理解してほしい、「『議論に勝つ』ということ」

短く言うと

  • 議論とは「自分の主張」「相手の主張」「合意している内容」のそれぞれを整理していく行為である。
  • 「合意している内容」や「相手の主張」から「自分の主張」を論証できれば、論破である。
  • 「合意している内容」や「相手の主張」から、「相手の主張の誤り」を論証できれば、論破である。
  • 「論破」されないためには、徹底的に「合意」を避け、相手の指摘を無視すればいい。つまり、建設的な議論を避ければいい。
  • 建設的な議論をしたいですね……。
続きを読む