読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も元気に問答御用

アラサーサラリーマンが「考え方を考えてみる」「考えたことを書き残す」ブログ。ツイッターアカウント @shiroimai

「PTAを叩くオタク」の愚かしさ

千葉県で発生した女児殺害事件で、女の子の通う小学校のPTA会長が、犯人として逮捕されたそうですね。

PTAと言えば、「コンテンツに『良識』を求めるヒトビト」というイメージがあります。

ドリフターズの番組は下品だから子供に見せられないとか
ドリフターズ(1) (ヤングキングコミックス)ザ・ドリフターズ 結成40周年記念盤 8時だヨ ! 全員集合 DVD-BOX (通常版)

続きを読む

これが守れないなら、議論をする価値はない! 議論のルール「3つの約束」

  • 建設的な議論とは
  • 議論の最低条件「3つの約束」
    • 1.議論を経て、自分の意見を修正する可能性を常に持つこと
    • 2.相手と合意できる部分を探すのに協力すること
    • 3.人格攻撃は、議論は有利にならないと認識すること
  • 「3つの約束」の使い方
    • 我が身を省みる
    • 議論の相手に突きつける
    • 相手をフィルタリングする
  • 「3つの約束」が無力な場面
  • まとめ

ネットでのやりとりを見ていると、いろんなところで議論を目にします。
このブログも『問答御用』なんてタイトルにしていますし、議論は元々、興味のあるところです。
今回は、建設的な議論をするための最低条件についてお話ししたいと思います。

建設的な議論とは

辞書で「議論」の定義を確認すると、これしか書いてないんですね。

互いの意見を述べて論じあうこと。また、その内容。
(デジタル大辞林より)

この記事で言う「建設的な議論」とは、以下のように定義してみます。

互いが意見を述べて論じあい、意見の一致、または、より良いと思われる意見の発見を目指すこと。

続きを読む

キングコング西野氏の「絵本無償化問題」問題点を整理する

今回は、キングコング西野氏の『えんとつ町のプペル』に関する主張です。

私は氏の発言に反感を覚えています。
反感の中身を分解して
「氏の言動のどこが問題なのか」
「氏の言動に対して、今井の怒りに正当性はあるのか」
を考えてみたいと思います。

批判する側の礼儀として、氏のどの言動に対する批判であるのか、適宜リンクを貼り付けます。
しかし、氏の記事のPVに貢献することは本意でないので、本ブログの読者に確認を推奨するものではありません*1

*1:こんな中途半端な但し書きをしなければいけない時点で、最初から「負けてる」記事ですねこれは。

続きを読む

ほのぼのと殺伐のギリギリラインが絶妙!! 『小林さんちのメイドラゴン』感想

「続きを早く見たいアニメ」今クール暫定1位『小林さんちのメイドラゴン

小林さんちのメイドラゴンの第1話を視聴しました。
元々知っていた作品ではないのですが、京アニ製作という文脈でタイトルを知りました。

続きを読む

残り1日! 亜人ちゃんは語りたい『デミクジ』の罠!

先日始まったアニメ『亜人ちゃんは語りたい』。
昨年になって作品を知り、原作を全巻購入する程度には気に入っています。

そんなアニメの第一回、視聴者向けのプレゼントクイズが行われました。
作品にまつわるクイズの解答を『Twitterで』行えというものです。

続きを読む

『亜人ちゃんは語りたい』はマイノリティ対応の教科書になるか?

アニメ鑑賞は、2期連続の『亜人』関連

お正月も終わり、今クールのアニメ放映が始まりました。
前クールで一番楽しみにしていた作品は、『亜人』です。

殺しても生き返る人間、「亜人」。
そんな亜人のテロリストたちと、テロリストと戦う人間たち。
そして、テロを押さえようと奮闘する亜人勢力が戦う物語でした。

そして今期。
今期の『亜人』が放映開始されました。
亜人(デミ)ちゃんは語りたい』です。
亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤングマガジンコミックス)

公式サイト

続きを読む

うつの予備軍までならオススメ!『憂鬱くんとサキュバスさん』

あけましておめでとうございます

1/6にして、ようやく新年初更新です。
本年もマイペースでやっていきますので、よろしくお願いいたします。

年末年始は、関東某所の実家に帰っていました。
自宅からも近いので、Uターンラッシュにも巻き込まれず、気楽なものです。

親戚の集まりを終えて1/2には自宅に帰りました。
そうして迎えた1/3、お休み最終日。
昼過ぎまで寝た後は、あるマンガ作品を読んで一日を過ごしました。

今回ご紹介する作品
『憂鬱くんとサキュバスさん』です。

憂鬱くんとサキュバスさん 1 (ヤングジャンプコミックス)

憂鬱くんとサキュバスさん 1 (ヤングジャンプコミックス)

続きを読む